豊中市の歯医者、服部天神駅から徒歩10分の沢田歯科医院の審美歯科のページです。

お問い合わせ

06-6334-2800

銀歯が気になる
~審美歯科~

  • トップページ
  • 銀歯が気になる~審美歯科~
  • より自然で美しい口元にしましょう

    保険診療の虫歯治療では、これまで銀歯が当たり前のように使われてきました。比較的加工が容易で、歯の機能を安価に補うことができますが、白い天然歯の中では目立ってしまいます。目立つ口元がコンプレックスとなり、人前で笑うことや会話をするのをためらっているという方はいませんか?阪急宝塚線「服部天神駅」から徒歩10分、大阪府豊中市の歯医者「沢田歯科医院」の審美歯科にご相談ください。銀歯を白い人工歯に替えて口元に自信を取り戻しましょう。

    銀歯のデメリット

    銀歯は見た目がよくないだけではありません。ほかにもいくつかのデメリットがあります。

    病気のリスク
    銀歯にはプラークが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクが高くなります
    金属アレルギー
    金属が溶け出すことで全身に金属アレルギーの症状が現れることがあります
    歯肉の黒ずみ
    金属の影響で歯肉が黒ずんでしまうことがあります

    金属アレルギーについて

    お口の中の金属がイオン化して溶け、体内に吸収されてしまうと、全身に金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。原因不明の発疹やかぶれ、かゆみなどはお口の中の金属が原因かもしれません。そこでおすすめなのが金属を使用しない「メタルフリー治療」です。セラミック製の素材を使って人工歯をつくれば、見た目もより自然に美しく仕上がるだけでなく、金属アレルギーのリスクもなくなるのです。

    審美歯科での詰め物・被せ物のメニュー

    ジルコニア

    金属並みの硬さがあり強度が高いジルコニアは咬み合わせの強い部分にも使用可能です。見た目も天然歯に似ているので美しく仕上げることが可能です。

    ハイブリッドセラミック

    レジン(歯科用プラスチック)とセラミックをミックスした素材です。適度な硬さと柔軟性があるので咬み合う歯を傷めません。セラミックのみを素材とする人工歯に比べると美しさはやや劣りますが、比較的リーズナブルです。

    メタルボンド

    金属フレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。耐久性に優れ、ほとんどの部位に使用可能です。経年によって歯の根元が黒ずむことがあり、金属アレルギーの心配もありますが、美しく仕上げることができます。

    ゴールド

    金合金を素材としています。天然歯の色とは異なりますが、金属アレルギーを起こしにくい素材です。天然歯に近い硬さがあり、歯にフィットさせやすいので治療部位がふたたび虫歯になりにくい素材です。

    ファイバーコア

    被せ物の下には通常は金属製の土台(コア)を装着します。グラスファイバーをポストにしてレジンで成形したのがファイバーコアです。光を透過するので被せ物の透明感を阻害しません。また柔軟性が高いので歯根を傷めないのが特徴です。

    あなたの黄ばんでしまった歯を白くしたいですか? ホワイトニングについてはこちらをご覧ください